PASMOスタート

PASMO
この日をかなり前から待ち望んでいましたw本日3/18からいよいよ私鉄系の非接触IC型乗車券サービスのPASMOがスタート、そしてJR東日本のSuicaとPASMOの相互利用もスタートです。これにより、首都圏の鉄道・バスのほとんどが1枚で乗車できることになります。この日が来るまで定期券の購入を待っていましたw
今月から電車移動がメインになった私にとってSuicaとPASMOの相互利用は非常に便利。東京メトロを利用する私にとって、私鉄でSuicaが使用出来るのは非常に便利です。しかも私の場合、以前から携帯電話にモバイルSuicaをインストールしているので…携帯ひとつさえあればどの電車も乗れるなんて…まるで夢の世界ですw個人的にポケットから財布を取り出し、いちいち乗車券を引っ張り出して改札機を通るのが煩わしくて、それよりいつでもスッと取り出せる携帯電話を改札機にかざして乗るほうがすっごくスマート。超便利。
さてさて、じゃあこれで全部OKかと思えば、実は個人的にはちょっと困る、というよりよくわからないことがあります。それは私鉄→JRの連絡定期券の扱いです。私が現在居住しているのは千葉・市川。使用路線は東京メトロ東西線です。で、学校の所在地は水道橋。この区間を通う方法は2通りあって、東京メトロ東西線→【大手町乗換】→都営三田線のパターンと、東京メトロ→【飯田橋乗換】→JR中央総武線のパターンがあります。
で、出来れば全てをモバイルSuicaで済ませたい、と思っていたし、済ませられると思っていた矢先、よく調べてみたらそうでもなかったんです。。。モバイルSuicaで定期券をつくるにはSuica定期券を購入しなくてはなりません。で、JRが発行するものですから、始発駅はJR駅じゃないとダメらしい。ま、当然と言われりゃ当然なんですけど…。すなわち、私鉄系オンリー、私の場合東京メトロ→都営三田線のような定期券はモバイルSuicaでは取り扱いがなく、結局カード型のPASMOを利用しなくてはいけないようです。まぁ当然(以下略)共通利用はあくまでも前払い乗車券と連絡定期券だけで、モバイルSuicaで私鉄オンリーの定期券を発行するといった共通化はないようで。
ちなみにもうひとつ。定期券の金額を調べてみると、JRに乗るか、もしくは都営地下鉄に乗るかで乗車券(定期券)の金額が大きく違うことも発見。まず、都営地下鉄に乗る場合。この場合、乗車券は330円なのですが、定期券は6ヶ月で70,700円になります。一方、JRの場合は乗車券400円に対し定期券が64,380円。なぜ逆転現象が起きているのかはよくわからないのですが…どちらを選べば良いのやら。金額的にはJRを利用した方が良さそうですが。。。飯田橋乗換ってどーなんだろ。
今のところ、モバイルSuicaで連絡定期券を買うつもりですが、どうしようかなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です