R59 MINIがデビュー!

MINI Gino
R56の後継モデルであるR59MINIが写真デビューしました!写真を見る限り、現行モデルより小型化されている様子。でもその姿は…R56からキープコンセプト?以下はプレスリリースより。

独ベーMWは、『MINI』の次世代型となる試作車を発表、これをもとにした市販版を来年リリースする予定であることを明らかにした。
今回発表されたモデルは、現行MINIよりサイズが大幅に縮小されているのが特徴である。ベーMWから発売された先代MINI(R50)よりも小さく、オリジナルMiniより若干大きいサイズにまとめられている。ベーMWは「ダウンサイジング化により、オリジナルMini愛好者の痛烈な批判を避けることが出来るばかりではなく、今後の原油価格高騰による省燃費車志向にも対応でき、室内が狭くなることでカップルはよりアツアツですよ」とアピールしている。
新型の開発に当たり、技術指針として採用されたのは日本の軽自動車である。日本の軽自動車は、普通乗用車に比べ税金や維持費が安いため売れ行きが好調であり、最近は軽自動車の高級・ハイテク化や多様化が進み世界中から注目されている。ベーMWはここに注目し、日本の軽自動車アイディアを盗むことを決めた。ベーMW関係者は「確か、○ヨタ自動車傘下の…うーん、大八車だっけ?そこが我々のMINIに似た軽自動車を出しているから、ちょっと真似てやっただけだよ。やられたらやりかえす。それが漢ってもんだろ?」とコメントしている。

搭載されるエンジンは、500cc単気筒『ジョッキ』エンジンで、燃料はドイツビール、ベルギービール、生中などのアルコールを使用する革新的なもの。昨今のエタノール燃料ブームに対抗する形である。最高出力や燃費は『人に依りけり』であり、とりあえずプレッツェルや枝豆が欲しくなる可能性がある。ベーMWは『ドライバーは飲酒運転を絶対にしてはならない。酒は飲んでも飲まれるな、飲んで飲んで飲まれて飲んで、一度は行きたい本場のオクトーバーフェスト』とコメントしている。なお、燃費に優れるハイブリッド方式は採用されない模様。また、ディーゼルエンジンは「石原都知事が意地悪するから当分発売しない」ようである。
足回りはオリジナルMiniの原点に戻り、コンニャクを使用した大変ソフトな味付けに仕上げられている。コンニャクを採用した理由は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで容易に手に入れられるものを使用することにより、その優れた乗り心地を容易に取り戻すことができるためとしている。ただし、交換後の使用済みコンニャクは到底食用に適さないため、味噌田楽やおでんにして食した際の保証は対象外とされた。ただし中国国内では保証しないけどどーせわかんねぇんだから食えば?という対応を取る。タイヤは現在若者を中心に流行している○リスピークリームドーナツを採用している。このタイヤは雨天時にトレッドがネチャネチャと溶け出すスペシャルコンパウンドを採用しているため、優れた運動性能を持っている。ただし、熱には非常に弱いため屋外駐車は注意しなければならない。アメリカ市場向けには明らかに健康に害のありそうな原色系のデコレートをタップリぶっかけたものが使用される。なお、ブレーキは装備されていない。これは日本でバカな若者に一時的に流行したノーブレーキピストからアイディアを得たもので、ベーMWは「ブレーキなし、問題なし」とコメントしたが、翌日すぐに撤回された。
室内装備は、最新型のカーナビゲーションシステム(ぶ○り途中下車風、ウ○ルン滞在記風、ガチ○コ風、○川憲一風の4種から選べる案内ボイス式)や最新型のテレマティックス(モールス信号・手旗信号・伝書鳩型)を備える。オプションでLDチェンジャー付きレーザーカラオケも装備できる。乗車定員は5名、美人のお姉さんなら10名、オネエは2名まで。シートは標準でI○EAで売ってる「北欧デザインが素敵だけど実は出来の悪い中国製椅子」が装備されている。エアバッグは10箇所に装備されているが、よく見ると縁日で売られているキャラクターモノのアルミ風船である。これらに関してベーMWは「コストダウンとモダンデザインを融合させ、さらにMATSURI文化を足した結果だが、何か?」と鼻息荒げにアピールしている。
生産は伝統あるイギリス・オックスフォード工場を離れ、北朝鮮の核施設閉鎖に伴い新たに建設される極秘地下工場で生産される予定。将軍様は工場の誘致に非常に熱心だったようで、建設決定には○ィズニー大好きの正男が関与していると見られている。販売価格に関しては現在のところ『検討中』とのことであるが、現代においては異例の物々交換方式が採用されるとの情報もある。なお、交換レートは牛1頭、豚なら2頭に落ち着くのではないかというのがエセ経済アナリストの見方である。これら全ての情報に関しベーMWでは「我が社はBMWとは一切関係ありません。今日は4月1日なのでちょっとボケてみました。悪ふざけが過ぎました。」とコメント。反省はしてない。

“R59 MINIがデビュー!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です