F60の足回りに問題あり?〜第1弾

MINI F60
この記事は約8分で読めます。

先日車検を通した社用車1号F60。なぜかいつの間にか社長車ではなくスタッフ用車両になってしまいましたが、まぁいいでしょう(…いいのか?笑)そのため普段の手入れや状態確認はスタッフに任せ、たまーに私が乗るときに様子を確認するのですが、先日社内で雑談していた時にこんな報告が。

スタッフA
スタッフA

最近、また真っ直ぐ走らなくなった気がする

タイヤ交換してからはビッタリ真っ直ぐ走っていたのに…

詳しく話を聞くと、こんな様子だそうです。

  • 中速域からステアリングの落ち着きがなく、チョロチョロする
  • 高速走行時の安定感が良くない、ひとときもハンドルから手が離せない

うーん。なんの症状についての指摘なんでしょうか。

話を聞く限り、まず考えられるのがタイヤのワンダリングです。幅広タイヤ装着車では発生しやすい、路面の轍にハンドルが取られる症状。確かにランフラット(TURANZA RFT)を装着していたときにはワンダリングが結構強めに出ていましたが、PRIMACY4に履き替えてからはあまり感じなくなったはず…。

であれば再びアライメントが狂ってきた可能性が疑われますが、それに関わるであろう『車高落ち』が気になっています。特にモーター駆動用バッテリーを積む後輪の車高が心なしか落ちてきたように感じています。アッパーマウントの劣化が原因でしょうか。8万キロ程度でバネが劣化しているとは考えにくいところ。ダンパーの状態は明らかな劣化は感じられないですが、新車に比べれば落ちているかな?ぐらいの印象です。

個人的には『ちょっと様子見』なのですが、F60に乗るスタッフ2名とも不安を口にするので…急ぎで何らかの対処を施さないといけません。

新車の乗り味はどうだったか?

冷やかしすらご丁寧に対応いただきありがとうございます

で、メンテの方向性を考えていた中、懇意にしているディーラーが札幌市内の商業施設でMINI試乗イベントを実施するとの知らせ。買い替え予定ないのにディーラーへ出向いて試乗を願い出るのも気が引けるなぁと思っていた中、こういうイベントであれば後ろめたい気持ちが少しだけ低減…(笑)ということで参加してきました。

今回の試乗車ラインナップはF56(CPS)・F55(CPD、SD)・F57(JCW)・F60(SE、JCW)の用意が。うちF60は最近発売された特別仕様車のSEに加え、滅多に試乗が出来ないJCWもあり。これは良い機会です。

初期型と最新型は何が違うか?

成田ナンバー。サイドデカールもホイール造形も独創的。

まずは6月にデビューしたばかりの特別仕様車『アンテイムド・エディション』のCOOPER SEに試乗。今回の個体はBMW Japan所有の卸立て(試乗時点でODO130km)の新車デモカー。サンプルとしては持ってこいの1台。内外装共に凝った造形と色使いの同車。

ベースとなっているのは2020年9月のLCIモデルに準じていますが、機構的には2019年9月以降モデルと同じくリチウムイオンバッテリー容量が増加したモデル。スペックの違いを示すと↓こんな感じ。

項目2017年型2022年型
型式CLA-YU153LA-22BS15
エンジン型式B38A15A-P160
エンジン最高出力100kW/136ps/4,400rpm
エンジン最大トルク220Nm/1400-4300rpm220Nm/1,300-4,300rpm
モーター最高出力65kW/88ps
モーター最大トルク165Nm
システム最高出力165kW/224ps
システム最大トルク385Nm
総電力量7.6kWh10.0kWh
車両重量1,770kg
JC08ハイブリッド燃費17.3km/L17.6km/L
JC08プラグインレンジ42.4km58km

こうしてみると、エンジン・モーター共に初期型と現行型はほとんど差がないことがわかります。一方バッテリーについては1.3倍の容量になったことで、それまでよりプラグインレンジが延びていることがわかります。

細かな違い(改善)は感じられたけど

さて、純粋に「8万キロ乗った初期型」と「最新型」の違いはどうだったか。結論から言うと・・・ほとんど差がありませんでした(笑)ですが些細な違いは感じられました。

一番明確に感じられるのが、減速時の挙動が最新型のほうが『扱いやすい』印象を受けます。初期型は回生ブレーキの効き方に多少の違和感がありますが最新型はあまり気にならず。年々セッティングが進化しているのでしょうかね。また、試乗時点ではバッテリー残量5%=無充電状態でしたが、モーターアシストする時間が心なしか多い印象を受けます。これはバッテリー容量の大型化効果なのか?

肝心の足回りは、新車なだけあってシッカリ感を強く感じます。乗り心地はフラット感があり街乗りでの不満はほとんどない状態に仕上がっています。で、ステアリングの安定性については…実はほとんど差を意識することができませんでした。というのも試乗コースが市街地中心部、スピードを出す場面がほとんどありませんでしたので(笑

クルマそのものの違いはそこまで強く感じられない=LCI前後で大差がないという印象でしたが、新車状態の足回りの方が(当然ながら)ガッチリと精度を感じる部分が多く快適性も高く感じるという感想です。

写真ないのでプレス写真を転載

話は逸れて特別仕様車の設えについて。外装は特徴的なホイールとデカールが目立つ仕様ですが、それよりも内装はちょっと羨ましくなるレベル。

LCI後から採用された液晶メーターの表示が綺麗ですし、ステアリングホイールもマルチファンクション部が変わっただけかと思いきや、より太く握り心地の良いものなっていました。これは好みもあるかと思いますが、太いほうがいいかなぁ〜。さらにアンテイムド仕様のシート表皮やデコレーティブパネルなどの内装マテリアルはとても魅力的。これだけでも欲しくなるなぁ。

オマケ:CROSSOVER JCWに乗ってみる

独特のオーラあります

このイベントでは1名につき2台試乗が可能ということで、価格面でなかなか(というかかなり)手の出ないF60 JCWを指名。注目すべきは2点。まず『306ps/450Nmの強心臓はどんなもんか?』という点と『F56 JCWと同じく、乗り味が意外とコンフォートに仕上がっているのか』という点です。

で、乗ってみた第一印象は『あれ、思ったほど速さを感じないぞ…』という感想。スペック上は出力・トルク共にCOOPER SEよりも高いはずなのですが、街乗りレベルではバッテリーアシストがあるSEのほうがスイスイと加速していく印象にあります。これはちょっと意外。あれ?と思ってSPORTモードに切り替えてみましたが、その印象は大きく変わることはありませんでした。

これは『遅い』のではなくあえて『緩やかに』しているだけ、と思います。むしろSEのほうがモーター車らしい出足感にしているのかもしれません。踏み込めば…速いはずなんですけど…市街地じゃあねぇ(笑

SPORTモードついでに言うと、かつて所有していたF56 JCWはダウンシフト時にバブリングがバンバン鳴る味付けでしたが、現行モデルはバブリングしない味付けに変更されていました。諸規制の関係でこうなったようですが、少し寂しいですね・・・。

久々に乗るJCWスポーツシートの出来は悪くないのですが、電動調整式スポーツシートに慣れてしまうと・・・普段乗りなら非JCWが向いている気がします。ホールド感が高いのがJCWシートの特徴ですが、細かな調整が可能な電動調整式の方が自由度が高いですし、快適性とホールド感のバランスが適切に思います。着座位置の低い+電動調整シートの設定がないF56であれば、JCWシートが向いていると思いますが。

このブレーキだけで買いたくなるのはF56と一緒。

乗り味はJCWだけにハードに…と思いきや、思ったよりも乗り心地は良し。やはりJCWの足回りは良く仕立てられていますね。装着されているPirelli PZero PZ4は225/45R19 96Yで非ランフラット物件。20インチを履く(劣悪)な我が家のX2と同じく、不正路のドスンと大きな衝撃は否応なく車体に伝わってきますが、総じてよく履きこなしている足回りに思います。JCWトリムを選ぶと自動的に19インチになってしまうようですが、個人的には18インチで十分かなぁ。

結局、何が悪いのか?

まっさらな新品タイヤではなかったけど、タイヤが原因とは考えにくい…?

さて、今回試乗した2台、アンテイムドSEは18インチ・JCWは19インチのタイヤホイールが奢られていましたが、どちらもワンダリングが目立つといった症状はありませんでした。思えば我が家のF39 X2も20インチが奢られていますが、ハンドルが持っていかれて危険を感じるほどのワンダリングは起きません。

ですがもし当社のF60がそれに当てはまらない(起きやすくなっている)のであれば、やはり考えられるのは足回りの劣化が起きていると考えて良さそう。前述のとおり、総走行距離が8万キロを突破していることから、そろそろダンパー交換のタイミングに近づいていると考えるべきですが、それよりもアーム類やアッパーマウント類を交換する方が優先事項に思います。

ですが作業手間(工賃)を考えると、ダンパーとマウント類の同時交換がベストでしょうね。

そうなると、純正部品でやるか・OE部品を活用するかの選択に迫られます。調べる限り、ロアアームやアッパーマウント類はOE部品が存在。純正より価格がかなりお安いのでこちらをチョイスすることで大幅にコストをケチられます。ダンパーはOEダンパーでメジャーなBILSTEIN B4があるのですが、FFのONEかPHEVのCOOPER SEまで同一品番(設定)なのがちょっと引っかかるところ…。

まずはディーラーとR52リフレッシュを実施したショップの両方に見積もりをお願いしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました