MINI F60

F60 3年乗ってみて+タイヤの話

社用車1号 F60 MINI Crossover COOPER SE ALL4が我が社にやって来て丸3年を迎えました。 購入時22,000kmだったオドメーターは3年で121,000kmに。1年目が36,000km、2年目が28,000km...
0
クルマ全般

CarPlay地図アプリのベスト版?Pioneer COCCHi

日々進化する車載インフォテインメントにおいて今やスタンダードとなったApple CarPlay。当初は興味本位で使用し始めましたが、iPhoneとのシームレスな連携や車両側スイッチ・スクリーンと統合されたUIが非常に使い勝手がよく、通信機能...
0
オーリス

3号の新スタッドレスはすんなり決まる

昨シーズンは経費節減のため6シーズン目のVRX2を履かせていた社用車3号オーリス。その結果は多少の性能落ちを感じるものの、大きなマイナス要素もなく無事にシーズンを走りきりました。保存状態が良く残溝がかなりあったから大丈夫でしたが、さすがに7...
0
BMW F39

2代目BMW U10 X2が登場

先代モデル登場から5年、2代目となるU10 BMW X2がオフィシャルデビューしました。 他のBMWモデルと同じく、新型は内燃機関(ICE)モデルと電動車(BEV)の2モデルが当時発売。メカニカル部の基本構造は同じプラットフォームを採用する...
0
MINI F60

F60 新車の乗り味はどうだったか?【ボツ記事復活】

当記事は2022年8月にまとめたものの、元ネタ記事を公開停止にして長らくお蔵入りしていたものを大幅に再編集して掲載しています。 【2023年追記】度々直面するふらつき問題 2022年7月に車検整備を実施し、足回り含めて問題なしと判断された社...
0
MINI R52

R52復活計画|バッテリー交換

9月に入り、北海道は秋の気配。それまで猛暑続きだった天候は気温が下がりようやく過ごしやすくなりました。ソフトトップが動くようになったのがとても嬉しく、事ある毎に屋根オープン。エアコンがなくても涼しい風が吹き込んでくるので快適です。 バッテリ...
0
MINI R52

R52復活計画|燃料フィルターを交換する

ソフトトップが開くようになったら作業しよう・・・と思い長らく作業をしなかったポイントがもうひとつあります。それは燃料フィルターの交換です。みんカラ界隈では『パーツ価格の割に効果が高い』と評判のメンテナンスです。我が家のR52はあまり積極的に...
0
MINI R52

R52復活計画|最大難度のミッションへ挑む【後篇】

作業その3:運転席シートベルトの交換 もうひとつ、これまた購入時から劣化が目立つ運転席シートベルトを良品に交換します。 BピラーのないR52の構造上、シートベルトの引き出し時に捻れ方向に力がかかってしまうため、その結果ベルト縦方向に強めの折...
2
MINI R52

R52復活計画|最大難度のミッションへ挑む【中篇】

作業その2:前オーナー?の遺物を撤去する 次の作業は前オーナーが残したオーディオコンポーネントの撤去。 実はコレ、R52納車後しばらく存在に気がつかなかったのですが、数ヶ月後に室内清掃をしていた際に存在を知ります。しかも配線はフロアカーペッ...
0
MINI R52

R52復活計画|最大難度のミッションへ挑む【前篇】

オンボロ状態の中古R52を格安で購入して3年余り。少ない予算の中で地道に原状回復を続け、ようやくまともな状態を取り戻してきました。一方、R52の目玉装備であるソフトトップは購入時から開閉できない状況のまま。あれこれ対処を施してみましたが、さ...
0
MINI F60

次世代MINI U25 Countrymanが登場

2023年9月1日、MINIより新型MINI Countrymanが発表されました。以前からプロトタイプの公式ティザーが行われていましたが、ようやく市販版が正式公開です。 今回発表された新型の特徴としては、完全電動車(BEV)モデルが追加・...
0
MINI R52

R52復活計画|目玉は透明に限ります

今年の原状回復第1弾はヘッドライトの交換からスタート。ヤフオクで購入したリペアヘッドライトユニットを装着していきます。出品されているユニットにはロービーム用キセノンバルブ(D2S)とハイビーム用ハロゲンバルブ(H7)が装着された状態で販売さ...
0