(再び)CarPlayの夢は見られるようになったが…

BMW X2
この記事は約4分で読めます。

FemtoEVOを使用しApple CarPlayを有効化したのも束の間、オーディオ関係の不具合対処のためI-LEVELが最新バージョン(19-11-534)にアップデートされたことにより、CarPlayが使用不可になってしまいました。

再度使用可能にしようと思いFemtoEVOソフトウェア(v1.08)で作業を行うものの、プロセス途中でエラーとなり復元不可。FemtoEVO販売元へ問い合わせたところ、最新の19-11-5XXへの対応を明言し「ちょっと待ってて」と言われておりましたが、ようやく12月25日に対応完了したとの連絡。その結果、再びCarPlayが使用可能となりました。

施工手順

なお、最新I-LEVELへの対応についてはFemtoEVOのソフトウェアのバージョンアップで対応できるとのことで、単純にI-LEVELが上がっただけであれば再度購入する必要はないようですが、私の場合、前述の不具合対処の一環でI-LEVELが上がった後、今度はヘッドユニットが交換されてしまったため、新たに購入し直す羽目に。

前回はメールでのやりとりで進めていきましたが、FSCMap Portalというサービスが開始されていたので、今回はそちらを経由して施工しました。VIN情報やPayPal送金のやりとりをメールで実施する今までの方法とは異なり、やりとりがほとんど必要ないため、こちらのほうがオススメです。施工の流れとしては、以下のとおり。

  1. FSCMapのトップページから、FSCMap Portalの登録を実施
  2. 事前にPayPal個人送金を利用して、クレジットを購入しておく
  3. PCと車体をENETケーブルで接続
  4. FemtoEVOアプリケーションを実行
  5. ECUデータを読み込み、作成されるDATファイルを保存
  6. FSCMap Portalにログイン後、Vehicle Check画面よりDATファイルをアップロード
    (画面上にActivationボタンがあり、そこより実行します)
  7. アップロード後利用したいサービスが表示されるので、必要に応じてチェック。
    (私の場合『Full FSC set, CarPlay, ViM』に『CarPlay Full Screen』を選択。日本マップの選択も忘れずに)
  8. オーダー送信後、すぐにアクティベート用ファイル(3つ)が生成されます
  9. FemtoEVOにて上記データのうち拡張子が『.evo』のものを書き込み。5分ほど時間がかかる。途中、iDriveモニターに見慣れない画面が出るが焦らない。なお、I-LEVELが19-11-5XX の場合、途中のステップでインターネット接続が必要となりました。接続がないとエラーでストップします。
  10. 全て終わるとメッセージが出ますが、ほどなくしてナビが『読み込み中』で動作しなくなる(=FSCがRejectedになるとロックする)ため、FemtoEVOから再度Store FSCを実行。
  11. 上記全てが終わると、無事CarPlayの夢が見られます。

疑問|ナビ地図アップデートはできるのか?

さて、前回の記事コメントに『FemtoEVO実行後、USBマップアップデートは可能か?』という質問コメントがありましたので検証してみました。結果から言えば、問題無く実施可能でした。

ヘッドユニット交換後、インストールされていた地図DTがEVO 2018-2版だったためUSBメモリを使用してアップデートしてみましたが、一切引っかかりもなく、通常の更新フローのまま更新出来ました。FemtoEVOに付属するFSCコードとバッティングするのかな?と思っていましたが、アップデートしてから1日、CarPlay機能が消滅することも、ナビ機能が『読み込み中』でストップすることもありません。

USBメモリによる正規アップデート後のFSCステータス。なお、これらの内容は↓以下のとおり。

  • 006F…サテライトチューナー
  • 009C…BMWアプリ
  • 009E…iSpeech
  • 009F…Text to Speech
  • 00A1…Navigation System Professional Asia
  • 00E5…M Laptime
  • 012F…Map Japan
  • 0143…Apple CarPlay
  • 016E…Speech NLU
  • 0170…Component Protection

日本では使用しない(できない)ものも含め、全てAccepted状態になっております。と、いうことで私の環境では不自由なく使用できております。

おまけ|BMWの方針転換…?

ところで、こんな記事が。

独BMWグループ アップル・カープレイの有料化を取り止め | AUTOCAR JAPAN
愛車で利用しているアップルカープレイ。課金制にするかどうかの議論に、動きがありました。独BMWグループでは、有料化を取り止めます。

サブスクをやめるそうです。そりゃそうだよな。おかしいもん。その結果、既に年間契約を結んだ方には返金対応をするなどの方策が取られるそうです。その関係からか、車両からConnectedDrive Storeに入ることが出来なくなり、QRコードが表示されるように。

しかし未だに、X2のCarPlay有効化が実施される様子は、ありません…。

コメント

  1. たかぼう より:

    こんばんは!

    たかぼうデス😁
    こちらではお初な書き込みデス♪

    海外掲示板でI-LEVELが最新の19-11-534でE-Sys 3.27.1でLauncher Proのバージョンは不明な方ですが、BDC_BODYのFDLコーディングの項目がトリミングされちゃっている方がおられますが、Hokkai_K2Oさんの環境(Launcher ProのVer.は?)ではトリミングされずに見えていますか?

    • Hokkai_K2O Hokkai_K2O より:

      >たかぼうさん
      ご訪問ありがとうございます!出張中のため返信遅くなりました…
      私の環境はLauncher Pro V2.8.2にE-Sys 3.30.1を使用していますが、BDC_BODYは特段トリミングされていなかったように記憶しています
      ただ、19-11になった直後、Psdzdataがちょっと古く、CAFD読み込んだらエラーだらけ&HU_NBT2がほぼトリミングになった気が…
      (当たり前ですが、最新版に差し替えたら大丈夫でした)
      ちなみに、KOMBI2はほぼトリミング状態です

      念のため、明後日戻ったら確認してみますね

  2. Hokkai_K2O Hokkai_K2O より:

    先ほど自宅へ戻ってきたので早速確認してみましたが、やはりトリミングされている様子はありませんでした。

    • たかぼう より:

      ありがとうございま〜す😊
      P.S.
      ある意味ワタクシのF39もUPされても大丈夫って事になるので安心しました♪

  3. black2000kaz より:

    興味深く記事を読ませていただきました。
    FEMTOEVOでCarPlayが使えるようになった後もEsysやbimmercodeでコーディングは
    できるのでしょうか?

    • Hokkai_K2O Hokkai_K2O より:

      コメントありがとうございます。
      CarPlay有効後も問題無くE-Sys/BimmerCodeでのコーディング可能です。

タイトルとURLをコピーしました