社用車のスタッドレスタイヤを装着する

MINI F60
この記事は約3分で読めます。

いよいよ10月後半。市街地でも夜間早朝に7℃を下回る季節に入りました。まだ冠雪こそありませんが、峠道あたりは氷点下近い気温になる可能性があるので、早めに交換作業を行いました。

画角が合っていないのはご愛嬌ということで・・・

さて、前々回の記事に記載したとおりですが、オフセットが2mm内側+ホイール幅を7.5Jから7Jに下げた結果、どれぐらいの差があるかを撮影してみました。左が交換前の純正18インチタイヤ、右が交換後の入り具合。並べてみるとそれなりに内側になった感ありますが、この程度なら問題ないですね。

で、装着時に気がついた点ですが・・・

ホイールが汚い・・・

ブレーキがギリギリ・・・!JCW用なので問題ないかと思っていましたが、クリアランス的にはF56 JCWのブレーキと同じぐらいギリギリのサイズ感。というところで気がつきましたが、例えばCOOPERに装着されている16インチは履けないってことですね。と、いうかグレードでブレーキサイズが違うということか。知らなかった。

装着後の様子。想像していたとおりのスタイルなんですが、実際に見てみると・・・思いのほか普通でした(笑)JCWに装着されているときはスポーティに見えたんですが、こっちに履かせるとそれほどでもない不思議。センターキャップがJCWのままなのはご愛嬌ということで。ちなみにヨメからは

ヨメ氏
ヨメ氏

ホイールだけJCW 笑

と、軽くあしらわれました(笑

さて、まだ本格シーズン前ですが乗ってみた印象。相変わらずですが、ドライ性能はピカイチです。と、言いたいところですが、前作よりもトレッドが少し柔らかい印象があります。言い換えると、他メーカーのスタッドレスタイヤに近づいた感があります。それでも、高速走行で不安になるような場面はいっさいなく、サマータイヤのBS TURANZAと比較してもロードノイズが大幅に増加するようなこともありません。

同乗者に安全に配慮して撮影してもらいました

で、「まだ雪は先かなぁ〜」と思っていたところ、突如、今シーズン初の雪道走行に遭遇。積雪は数センチで気温が0度前後で雪がまだ柔らかい状態の路面です。過去のX-ICEはこういった路面はあまり得意ではなかったように思います。で、今回のX-ICE SNOWについては、以前よりもこのシチュエーションでのグリップは高まったように思いますが、劇的に向上した感はナシ。もうちょっと詳しく説明すると、以前のモデルは前走車たちが作った轍に沿わない走り方をする=シャーベット状の雪上を走ると途端にグリップを失いラインから外れてしまう傾向が強いのですが、今回のモデルはそのグリップ失い方がマイルドになっています。言い換えれば、排雪性能が向上しているのだと思いますが、劇的に高まった感はなく、多少良くなったかな?という印象。

ちなみに、停止性能がどんなもんかを試すため、後続車がいないことを確認し→強めのブレーキをかけてみたところ、ABS介入もなくしっかり停止。制止性能については問題なしと考えます。あとは氷結路での性能がどんなもんか?というところですが、それについてはもう少し後にならないと判りません・・・。

コメント

  1. HOPE より:

    ホイールとキャリパーのスキマは、多いより少ないほうがカッコいいと思うのでいいじゃないですか。
    スタッドレスのインプレ、大いに参考にしています。関東在住なので必要以上に高性能でなくてもいいとは思っていますが、めったに降らない雪だけに逆に用心してしまいます。今使っているスタッドレスがそろそろ交換時期を迎えてまして、次は何にしようかと考えている最中です。

    • Hokkai_K2O Hokkai_K2O より:

      クリアランスのギリギリ具合に、装着時相当焦りました…
      無事に装着できて干渉もしておらずよかったです 笑

      関東圏であれば、路面凍結も少ないでしょうからオールシーズンタイヤも視野に入るのでしょうか。個人的には(また)MichelinのCrossClimateが気になっていますが、さすがに北海道では使えません…

タイトルとURLをコピーしました